誰もが安心して暮らせる街に

地域福祉権利擁護事業

地域福祉権利擁護事業

認知症、知的障害、精神障害などで判断能力が不十分な方に、福祉サービスの利用援助や日常的な金銭管理サービス等を行います。

対象

  • 認知症等で物忘れのある高齢者、精神障害者、知的障害者など判断能力が不十分で日常生活に不安がある方
  • 本事業に契約能力、利用意思がある方

内容

(1)福祉サービス利用援助

  • 福祉サービスについての情報提供
  • 福祉サービスを利用する際の手続き
  • 福祉サービスの利用料の支払い手続き
  • 福祉サービスについての苦情解決制度を利用する手続き・・・等

(2)日常的金銭管理サービス

  • 年金や福祉手当の受領に必要な手続き
  • 税金、社会保険料、公共料金、医療費、家賃などの支払い手続き
  • 日常生活に必要な預金の払戻し、預金の預け入れ、解約の手続き  ・・・等

(3)書類等の預かりサービス

  • 年金証書、預貯金の通帳、権利書、契約書類、実印・銀行印などを当センターで借りている貸金庫にてお預かりします。

 ※①が基本サービスで、②③は本人の状況や希望に応じて利用ができます。

利用料

  • 1.福祉サービス利用援助、日常的金銭管理サービス(通帳等本人保管)
    →1回1時間まで1,000円(1時間を超えた場合、30分ごとに500円加算)
  • 2.日常的金銭管理サービス(通帳等センター保管)
    →1回1時間まで2,500円(1時間を超えた場合、30分ごとに500円加算)
  • 3.書類等の預かりサービス
    →1ヵ月1,000円

申込み・問合せ

  権利擁護センターこくぶんじ 電話 042-580-0570 FAX 042-576-7081

LINEで送る

Copyright © 国分寺市社会福祉協議会 All Rights Reserved.