『スティックボール』ってご存知でしょうか?

まず、砂を入れた10本のペットボトルを、横一列に並べ
ます。それを、7メートル離れたところから、ゲート
ボールのスティックで打ったバレーボールを当てて倒す
ことで、点数を競います。
ちょうど、ゲートボールとボウリングを組み合わせた
ようなスポーツですわーい(嬉しい顔)

017.JPG

ピンとなる10本のペットボトルは、中に入れる砂の量
で重さが違い、最も重い赤が5点、次の青が3点、黄色
が1点となっています。重くて倒しにくいピンを倒した
ほど、髙い点数が入るというわけですね。

この『スティックボール』。
東京都盲人福祉協会が、視覚障がいをお持ちの高齢者
でも気軽に楽しめるスポーツとして開発したそうで、
多摩障害者スポーツセンターでも、今年の春から月1回
程度、定期的に行われています。

006.JPG

9月の活動日にボラセンスタッフがお邪魔したところ、
当事者の方8名、ボランティアさん2名の計10名の参加
がありました。

フロアバレーボール用のボールなので、転がると鈴の音
が鳴ります。なので皆さん、ボールの行方やピンが倒れ
たかどうかは音でわかるのだそうです。
でも、どのピンが倒れたかを見て点数を計算すること、
会場を設営してピンを並べるなどの作業には、ボラン
ティアさんのお手伝いが必要です。

【ボランティア募集】
☆日  時☆ 原則毎月第2木曜日 13:00~17:00
☆場  所☆ 多摩障害者スポーツセンター
      (東京都国立市富士見台2-1-1)
☆内  容☆ 視覚障がい者の方が行うスティック
       ボールのお手伝い。
       セッティングや点数付け等。
☆募集人数☆ 5~6名

ボランティアさんも一緒に楽しくできる活動です!
まずはお問い合わせください揺れるハート

ボランティア活動センターこくぶんじ
電話042-300-6363電話