『スティックボール』ってご存知でしょうか?

まず、砂を入れたペットボトルを、横一列に並べます。
それを、7メートル離れたところから、バレーボールを当てて倒していくことで、
点数を競い合うゲームです。
ボウリングに似ていますが、ボールを手で転がすのではなく、ゲートボールのスティックで
打っていきます。

10本のペットボトルはそれぞれ砂の量が異なり、重さが違います。
なので、重いペットボトルを倒したほど、高い点数が入るというわけですねわーい(嬉しい顔)

この『スティックボール』。
東京都盲人福祉協会が、視覚障がいをお持ちの高齢者でも気軽に楽しめるスポーツとして
開発したもので、現在都内では10チームほどが活動されているそうです。

「多摩障害者スポーツセンター」でも、月1回定期的に活動されることになり、ペットボトルの
セッティング、点数付けなどのお手伝いをしてくださる方を募集しています揺れるハート

【ボランティア募集】
☆日  時☆ 毎月第2木曜日 13:00~17:00
☆場  所☆ 多摩障害者スポーツセンター(東京都国立市富士見台2-1-1)
☆内  容☆ 視覚障がい者の方が行うスティックボールのお手伝い。
       セッティングや点数付け等。
☆募集人数☆ 5~6名

問い合わせ: ボランティア活動センターこくぶんじ
       電話1(プッシュホン)042-3030-6363