Kokubunji Voluntary Action Center

拡大写本こくぶんじ

■「ひとり専用」の拡大教科書づくり

弱視の小・中学生は全国に約1千5百人(文科省HPより)いるといわれています。弱視の原因は病気やケガ等ですが、
見えにくさには
・ ピンぼけの状態で像がぼやけてはっきり見えにくい。
・ 余分な光のためにまぶしくて見えにくい。
・ 一度に見える範囲(視野)が狭い状態(狭窄)。
・ 視線を向けているところがよく見えない(中心暗転)などさまざまです。

私たちボランティアグループは教科書の文字をパソコンで大きな文字に変え、図版や写真を拡大したり、色調を変えるなど、ときには白黒反転の教科書にしたりと、一人ひとりのこどもたちに合わせた「より見やすい教科書」を作っています。

※ 詳しくは、オフィシャルホームページをご覧下さい。

■作成の相談や依頼

高校用拡大教科書や大学生用拡大教科書も作成していますので、オフィシャルホームページをご覧いただくか、お問い合わせください。

連絡先: kakudai@ak.moo.jp

◆拡大教科書 “何でも相談室” 開設のご案内

■拡大教科書についての疑問やお困り事の ”何でも相談室” を開設いたしましたので、ご利用ください。

連絡先: kakudai@ak.moo.jp


名称拡大写本こくぶんじ (かくだいしゃほんこくぶんじ)
住所国分寺市東元町3-17-2
電話番号連絡はメールでお願いいたします。
メールアドレス
ホームページhttp://kakudai.moo.jp
「拡大写本こくぶんじ」のオフィシャルホームページです。詳しい活動内容はこちらをご覧ください。
活動日毎週水曜日午前10時から「ボランティア活動センターこくぶんじ」で拡大教科書の制作や勉強会を行っています。会員は現在13人です。
会員募集募集している
区分障害児者関係団体

関連リンク

拡大写本こくぶんじ
「拡大写本こくぶんじ」のオフィシャルホームページです。詳しい活動内容はこちらをご覧ください。
動画 ロゴプロモーション動画
登録団体ログイン

登録団体の方は、こちらからログインして下さい。情報の更新・登録が可能です。

Copyright © ボランティア活動センターこくぶんじ All Rights Reserved.