Kokubunji Voluntary Action Center

認知症の人を支える家族の会「きさらぎ会」

 

■  これまでの歩み

きさらぎ会は、認知症の人を毎日介護されている介護者の方の「月に一度でも、ほっとできる場が欲しい・・・」という要望から、平成8年2月に発足し、20年以上も活動を続けています。体験者でなければ理解されにくい日頃の介護疲れから解放され、介護者同士の”ほっとできる場”をめざしています。さらに、認知症についての理解や対応方法、福祉サービスの活用方法などについて、皆さんと共に勉強してきました。この20年間、認知症高齢者施策は変化し続けています。痴呆から認知症への呼称変更もありました。介護保険制度や成年後見制度も導入され、様々な介護サービスを利用できるようになりましたが、自宅で孤軍奮闘している家族がいるのも現実です。今は、情報の時代と言われます。しかし、大量の情報があっても、必要な人にその情報は届いていないのです。ひとりでも多くの介護家族が、共に語り合える仲間に出会い、共に学び合い、理解し合える場に、是非参加してほしいと思います。共に信じ合うことで、本物の言葉で情報交換ができ、心を軽くして次の介護力となり「支えあっていこう」というエネルギーに変えてくれるのかもしれません。なお、令和2年4月より会の名称が「認知症の人を支える家族の会「きさらぎ会」」に変わりました。    (令和2年4月)

■  活動内容

【懇談会・ミニ懇談会】
★懇談会:毎月第1月曜日(午後1時30分~4時)に、「いずみプラザ会場」において開催しています。毎回、市内全域から20名程度の方が参加されています。
★ミニ懇談会:毎月第3月曜日(午後1時~2時50分)に、「多摩信用金庫恋ヶ窪支店2F会場」で開催しています。毎回、近所より5名程度の方が参加されています。

image2

【講演会・勉強会】
「最新の認知症治療方法」、「最新の認知症治療薬」、「介護保険制度の概要」などについて、年4回程度、講演会、勉強会を開催しています。

【介護施設見学会】
デイサービスや特養ホーム、グループホームなどの介護施設の利用を検討されているご家族のために、年1回程度、これら介護施設の見学会を実施しています。

■  懇談会等の開催予定(令和2年10月~令和3年3月)

【注意】新型コロナウイルス感染拡大状況の変化により、今後の以下の予定に変更が出る場合があり

ますので、毎月15日発行の国分寺市報でご確認いただければ幸いです

<令和2年10月>

  ・懇談会:10月5日(月)午後1時30分~4時/いずみプラザ

  ・ミニ懇談会:今年度は休止

<令和2年11月>

  ・懇談会:11月2日(月)午後1時30分~4時/いずみプラザ

  ・ミニ懇談会:今年度は休止

<令和2年12月>

  ・懇談会:12月7日(月)午後1時30分~4時/いずみプラザ

  ・ミニ懇談会:今年度は休止

<令和3年1月>

  ・懇談会:1月4日(月)午後1時30分~4時/いずみプラザ

  ・ミニ懇談会:今年度は休止

<令和3年2月>

  ・懇談会:2月1日(月)午後1時30分~4時/いずみプラザ

  ・ミニ懇談会:今年度は休止

<令和3年3月>

  ・懇談会:3月1日(月)午後1時30分~4時/いずみプラザ

  ・ミニ懇談会:今年度は休止

 

■  メディアに「きさらぎ会」の活動が紹介されました

きさらぎ会の活動が読売新聞や産経新聞で紹介されています。

この中から、2004年3月18日付の読売新聞の「ほのぼの@タウン」コーナーに掲載された記事より抜粋して紹介させていただきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「食べさせたのに、すぐ忘れて『ご飯はまだ?』と聞いてくる」「施設に受け入れてもらって安心したら、骨折して寝たきりになった」・・・・・。
そんな悩みを、参加者が一人ひとり語っていく。痴呆症のお年寄りを介護する家族らがつくる「きさらぎ会」は、月1回、会員同士がつらい思いをさらけ出しあう”おしゃべりの集い”を開いている。話すうちに、泣き出す人もいる。ストレスから、怒りをぶつける人もいる。そばには、同じ介護の苦労を味わい、親身になって聞いてくれる仲間たちがいる。「困っている」といえば、だれかが「こうしたら」と助言してくれる。
「ふだん抑えている悲しみ、怒りの感情を、ここでは吐き出していいんです。イラついた顔が、だんだん穏やかになり、帰る頃には笑顔を浮かべる。そんな姿を見ると、うれしくなる」と会長のAさん。
毎月の第1月曜の昼過ぎに開く集いでは、日々の介護に役立てようと、ときおり、痴呆専門の医師やケアマネージャなどを招き、勉強会なども開く。会員の声や介護用具の最新情報などを載せた会報も、月1回発行する。
痴呆症のお年寄りの介護は、重度になると、とりわけ手がかかる。食事、トイレ、入浴の世話。あてもなく歩き回る徘徊などが加われば、目も離せない。このため、月1回の集いに参加できるのは、たいてい会員の半数ほど。それでも、貴重な二時間余りのひとときを求めて、やってくる。
「ここに来ると、ほっとする。介護している者同士でなければ、分かり合えないものがあるからでしょう。だから、どんなに忙しくても来てしまうの」。
自宅で痴呆の義母(88)の面倒をみているという主婦Bさん(60)は、明るい顔で言った。


名称 認知症の人を支える家族の会「きさらぎ会」  (きさらぎかい)
メールアドレス
ホームページhttp://www.ko-shakyo.or.jp/vc/dantai/kisaragikai/
活動日1.毎月第1月曜日 13:30~16:00(いずみプラザ)
2.毎月第3月曜日 13:00~14:50(多摩信用金庫恋ヶ窪支店)
会員募集募集している
区分高齢者関係団体
活動場所1.いずみプラザ(国分寺市泉町2-3-8)
2.多摩信用金庫恋ヶ窪支店2階会議室(国分寺市戸倉1-3-4)
参加者認知症の人を介護している方、介護を経験した方、これから介護をしようとしている方。
動画 ロゴプロモーション動画
登録団体ログイン

登録団体の方は、こちらからログインして下さい。情報の更新・登録が可能です。

Copyright © ボランティア活動センターこくぶんじ All Rights Reserved.