Kokubunji Voluntary Action Center
ボランティア募集情報
  • HOME »
  • ボランティア募集情報

一緒におしゃべりを楽しんだり、外出時の付き添いをしてくださる方を募集しています!【NK30

かわいい依頼者宅で一緒におしゃべりを楽しんだり、外出時の付き添いをしてくださる方を募集していますかわいい
1045347.png
るんるん依頼者るんるん 国分寺市本町在住の30代の女性
 
呼吸器をつけているので言葉を発することはできませんが、
表情が豊かで、パソコンや文字盤を使ってお話しをしています。ぴかぴか(新しい)
(ご家族も同席しているので、わからない時には相談もできます)

おしゃべりのほかに、音楽やお出かけも大好きです。
※普段はリクライニングの車いすを使っています。

まずは、一緒におしゃべりから。その後外出時の付き添いもお願いできると嬉しいです。
まずは、一緒におしゃべりを楽しみたいです。

 日  時:土曜日の午前中 
       定期的に来ていただだけると嬉しいですが、月に1回でもかまいません。
 
 場  所:依頼者宅(国分寺市本町)

 募集対象:性別問わず、できれば60代までの元気な方。
街並み12.png
 問い合わせは…ボランティア活動センターこくぶんじ      電話042-300-6363

グループホームでのボランティア募集!

グループホームで利用者さんの生活を支える活動をしてみませんかるんるん
144228.png
クオーレ武蔵台グループホームは、2019年12月に開所したばかりの
身体・知的・精神障がい者の方々が暮らすグループホームです。
 
晴れ日 時:日曜日~土曜日 10時~18時 ※活動時間については応相談
     定期的な活動でも1日だけの活動でも可。
 
晴れ場 所:クオーレ武蔵台グループホーム(府中市武蔵台1-22-50)
 
晴れ対象者:グループホームの利用者(数名)
 
晴れ活動内容:利用者の見守り、施設内の環境整備など
         レクリエーション(音楽、工作等)をご提供いただける方も歓迎。
 
晴れ募集人数:数名 ※年齢、性別、資格いずれも問いません。
 
晴れ持ち物: 特になし(普段着でお越しください。上履きは不要です。)
 
晴れその他:・活動前にはボランティア保険にご加入ください。
        ・自転車や公共交通機関でお越しください。
 
晴れ問い合わせ:一般社団法人介護グループふれあい(担当:佐々木)
       電話090-9645-2335

竹箸作りのお手伝いボランティア募集!


西元町にある社会福祉法人AnnBee(アンビー)は、
知的障害を持つ方の生活や仕事のサポートをする施設です。

今回生活介護事業の利用者さんが竹箸作りをする時に、
お手伝いをしてくださるボランティアを募集していますわーい(嬉しい顔)るんるんひらめき
活動日:  月  (月)~  月~金曜日(土・日・祝日を除く)
      週2~3回の予定で活動します。
         
活動時間: 10:00~15:00      ※時間については2時間以上で応相談
            
内  容: 竹箸作りの準備、仕上げ作業
 
場  所: 社会福祉法人 Ann Bee西元町3-6-14)  
       https://annbee.or.jp/bps.html#kaigo     
        
募集人数: 男女問わず成人の方 2名
      
持 ち 物:  飲み物、昼食(作業時間による)
 
そ の 他:  ・交通費については、実費程度支給
    ・大工仕事や木工細工を経験された方、木工細工のお好きな方など、
     まずは、見学からどうぞ。ご連絡お待ちしていますぴかぴか(新しい)
      
連 絡 先: ボランティア活動センターこくぶんじ     電話 042-300-6363
741855.png
 

ボランティア講師大募集!!【ND30-110】

国分寺市内で開催中の学習支援(無料塾)「一粒の麦ark」の教室にて、小学生・中高生に勉強を教えてくれるボランティア講師を大募集中ですぴかぴか(新しい)

教員免許や特別な経験は必要ありません。
子どもが好きな方、教員を目指している方、子どもの教育に関心のある社会人の方、空いた時間を有効に使いたい方…等々。
高校生から学生さん、社会人の方、子育てが一段落した主婦の方、リタイアされた方まで、子どもに寄り添って一緒に学習をしてくださる方、大歓迎ですわーい(嬉しい顔)るんるん

次項有対象とするお子さんは…
 家庭の経済的な理由で塾に通っていないお子さん。
なかには、不登校や発達・学習の課題で勉強が遅れてしまっている等のお子さんもいます。

次項有ボランティア講師の活動内容など
ひらめき<小学生>
☆講師は⇒高校生以上であれば年齢制限は設けていません
☆活動内容は⇒毎週土曜日に個別で一緒に宿題をしたり、遅れているところを一緒に学習したりします。
学習のほか、子ども達と一緒に課外活動に参加いただく機会もありますexclamation×2586379

ひらめき<中高生>
☆講師は⇒18歳以上の方で、指導可能な科目がある方。
☆活動内容は⇒週2回(土曜日・木曜日)個別指導で一緒に学習をします。基本方針としては、学校の授業についていく為の学習や定期テスト準備を行っています。可能な方には、高校・大学受験指導もお願いしています。
学習のほか、講師・生徒対象のイベントも開催していますexclamation×2

次項有活動場所
 国分寺市戸倉地区もしくは本町地区(JR国分寺駅近く)

次項有活動日時
<小学生>毎週土曜日 13:00~15:00
<中高生>毎週土曜日 15:00~20:30の間の1~3時間
     毎週木曜日 17:30~20:30の間の1.5時間~3時間

※参加頻度はボランティアの方の予定に合わせていただけます。1年以上継続可能な方歓迎です!!
まずは、個別のボランティア説明会にご参加ください。

お問合せはメールまたはホームページから…
 メール:mugitada@bronze.ocn.ne.jp
   (24時間受付。1~3日で折返しいたします。)
 ホームページ:http://kokubunji-ark.net/page1
  ※ホームページからも入力フォーマットがあります。

再募集☆脳性まひの女性の夜間の支援(女性限定)【NK27-68】

ぜひ皆さんのお力を貸してください!!

”脳性まひ” という障がいをもつ女性が、国分寺市内藤でお一人で暮らしています。
ピアサポートをしたり、絵を描いたり(なんと、個展を開く腕前 ぴかぴか(新しい) です)・・・
日中は 電動車イス であちこちに飛び回っている、とっても アクティブマラソン な方ですほえー
が!
夜間 はヘルパーの利用ができず、どうしても ボランティアの手を借りなければなりません・・・NG

これまでも、ホームページやブログにボランティア募集情報を掲載しているのですが…
なかなかボランティアさんが集まりませんもうやだ~(悲しい顔)
人が足りず、困っていますあせあせ(飛び散る汗)
ぜひ、チカラを貸してくださいexclamation×2

【活動時間】夜9時~翌朝8時頃まで
      ※ヘルパーさんが、食事や入浴介助を済ませたところでバトンタッチ★

【活動内容】おしゃべりする ウインク ・ 寝る 眠い(睡眠) ・ トイレに起きた時に一部介助をする力こぶ

【その他】 ・交通費程度の謝礼をお渡ししています。
      ・猫ちゃんがいるので、猫好きな方猫
      ・同性介護のため、女性のみの募集です小顔
      ・夜ご飯 ごはん と 朝ごはん ごはん はヘルパーさんが作ってくれます。
       もちろんボランティアさんの分も作るので、一緒に食べてOK★

いつでも何人でも大歓迎 OK!2 資格がなくても、経験がなくても大丈夫るんるん

まずは、ご連絡 電話1(プッシュホン) を お待ちしています。

【お問合せ】ボランティア活動センターこくぶんじ 電話042-300-6363電話

車いす整備ボランティア募集!

車いす整備ボランティアは、ボランティア活動センターや車いすステーションで貸出しをしている車いすを、次に貸出す際に気持ち良く使用できるように点検・清掃する活動です。その活動を一緒にしてくださるメンバーを募集しています~ 🙂 

日時:第二・第四土曜日 10:00~12:00くらいまで
場所:ボランティア活動センターこくぶんじ2階 会議室
  (東元町3-17-2)

*できる回数の参加でOK
*見学からでもOK
*お問い合わせは、ボランティア活動センターこくぶんじまで!
 ➡ 042-300-6363

イベントボランティア大募集!!

        ひらめきイベントボランティア大募集ひらめき

ボランティア活動センターこくぶんじではイベントボランティアを募集しています。

yjimageK8UK99R2.jpg

イベントボランティアってなにexclamation&question
趣味や特技をお持ちの個人やグループの方にご登録いただき、市内の福祉施設や団体からの
依頼に応じて披露・協力するボランティア活動です。

内容は楽器演奏、ダンス、マジック、書道、手工芸など様々です。
※今年度は39の個人と団体の皆様が活動されています。

yjimageUZXI9LYP.jpg
            yjimageWFFT7AGC.jpg

自分の特技を披露したい方やご興味のある方、まずはご連絡下さいexclamation×2
お問い合わせは…
ボランティア活動センターこくぶんじ
   電話042-300-6363電話

夏ボラリポート⑫緑と自然を育てる会

JR西国分寺駅北口から歩いて数分のところにある
「姿見の池(すがたみのいけ)」。
その名は、鎌倉時代、恋ヶ窪が鎌倉街道の宿場町であったころ、
遊女達が朝な夕なに自らの姿を映して見ていた、という言い伝え
に由来するそうです。
恋ヶ窪という地名の由来の一つとも、傾城・夙妻太夫が武将・
畠山重忠を慕って 身を投げた池とも言われています。
近年では、大岡昇平の小説『武蔵野夫人』の舞台にもなって
います。

      048.JPG
038.JPG      

昭和40年代にいったん埋め立てられましたが、平成10年に
復元・再生されました。
以来、この「姿見の池保存緑地」の整備、清掃、さらには
生物多様性の象徴としての「ホタルの再生」を目指す活動を
続けているのが、
「緑と自然を育てる会」さんです。

お盆休み期間中の13日日曜日。会員、ボランティアあわせて
19名が、蒸し暑い天気のなか、作業に参加。なかには高校生、
大学生といった若い人たちの姿もありました。

緑と自然 集合.png

まず、参加者全員で自己紹介したのち、代表の橋本さんより
この日の作業予定について説明がありました。そののち、
グループに分かれて、それぞれの作業にかかりました。

046.JPG

こちらは水路の片側に繁茂しすぎた石菖(せきしょう)を、
コンクリートが剥き出しになっている、水路の反対側に移植
しているところ。
この作業により、水の流れをよくするとともに、生物の棲み家を
広げます。
すでに何度も参加してくれている、東京経済大学のボランティア
サークル「Clover」の学生さんたちが、慣れた手つきで作業を
進めていました。

056.JPG
      062.JPG

傷んできたロープ杭の代わりに、歩道に沿って、仕切りとなる
丸太を埋めていきます。
今回初めて参加してくれたボランティアさんが、中心になって、
作業してくれました。

7月に予定していた作業が雨で流れたこともあり、勢いよく
伸びてしまった雑草の草刈りも行いました。
といっても、すべて一様に刈ってしまうのでなく、希少な草花は
大切に残していきます。

      051.JPG
053.JPG

女郎花(おみなえし)、盗人萩(ぬすびとはぎ)、禊萩(みそ
はぎ)、数珠玉(じゅずだま)などなど。橋本さんから草花の
名前を教えてもらいながらの、楽しい作業でしたるんるん

 012.JPG 016.JPG

 052.JPG

この日はほかに、射干(しゃが)の補植やゴミ拾いといった作業
も行いました。

最後に全員集まって感想を共有しましたが、多くの参加者が、
「みんなでやれば、あっという間の2時間だった」と口に
されていたのが印象的でした。
自分が手を加えることで、目に見えて緑地がきれいになって
いくのも、とてもうれしいことだと感じました揺れるハート

9月は3日、17日の日曜日、午前9時半から11時半までの
活動で、水草(クレソン、芹、石菖)の移植、モノ荒貝、インド
平巻貝の放流、水路の泥上げといった作業を予定しています。
草花や水辺の生物に興味がある方には、楽しくご参加頂けると
思います。

073.JPG

くわしくは、ボランティア活動センターこくぶんじ
電話042-300-6363電話

夏ボラリポート⑩青少年育成南地区委員会

今回ご紹介するのは「青少年育成南地区委員会」さん。
国分寺市四中学区の小中学生を対象に、学校から選出された
委員の方と地域のボランティア委員で活動する団体です。
『いろいろボランティア』と名付けた活動を、子どもたちに
体験してもらうことで、「思いやりの心」を育むことを
目指しています。

主な活動は、小児がんなどの病気の子どものご家族に、病院の
近くの滞在施設を提供している認定NPO法人「ファミリー
ハウス」さんへの支援です。
タオル等の日用品を、施設に宿泊するご家族に喜んで受け取って
もらえるよう、かわいいクマに形作り、手作りのエコバッグに
入れてプレゼントされているほか、施設のおそうじのための
ウェス(使い捨ての布)づくりなどを行っています。

DSC07569.JPGDSC07573.JPG

毎月第1日曜日に、主に「多喜窪公会堂」(西国分寺駅南口から
徒歩7分)で定期的に活動されていますが、夏ボラ期間中の
8月は、以前から会のメンバーである小学生の女の子に加え、
「夏ボラ」でこちらの活動を知ったという大学生が参加。
エコバッグとタオルくまづくりに取り組みました。

DSC07583.JPG ちはやちゃん.png

たくさんの「夏ボラ」プログラムのなかから、この活動を選んだ
理由の一つが「もうすぐ誕生日のお母さんへのプレゼントに揺れるハート
ということだったMさん。

DSC07572.JPG

「なんていい子なの~」と、お母さん世代のスタッフに、大人気
でした。

DSC07607.JPG

Mさんが作ったエコバッグとタオルくまがこちらグッド(上向き矢印)
一つは寄附し、一つはお母さまのプレゼント作成用の見本にと、
持って帰られました。
お母さま、とても喜んでくださったことでしょうねわーい(嬉しい顔)

さて、『いろいろボランティア』。9月は「老人ホーム訪問」を
以下のとおり実施します。四中学区の方に限らず、どなたでも
参加できます!

『いろいろボランティア~にんじんホーム訪問』

家日時 9月3日(日) 午前10時から12時
家会場 介護老人保健施設「にんじん健康ひろば」
    (西元町2-16-40)   
家集合場所 「にんじん健康ひろば」となりの公園
家持ち物 上ばき
家参加費 無料
※小学3年生以下のお子さんは、保護者の方の付添いが必要
です。

019.JPG
「にんじん健康ひろば」さん。グッド(上向き矢印)
施設の玄関に向かって右側が、集合場所の公園です。

くわしくは、ボランティア活動センターこくぶんじ
電話042-300-6363電話

夏ボラリポート⑨ともしび工房

夏休みも中盤に入りましたねもうやだ〜(悲しい顔)

これからの「夏ボラリポート」では、今からでも! 
そして夏休みが終わってからでも! 活動を継続できる
施設・団体さんを中心にご紹介していきますわーい(嬉しい顔)

010.JPG

今回ご紹介するのは、社会福祉法人 ななえの里の
「ともしび工房」さん。
西国分寺駅北口から歩いて10分ほどのところにある
「就労継続支援B型」施設です。(市民室内プールの
お向かいにあります)

HPの施設紹介に「さまざまな障害を持ちながらも、あきらめ
ず、甘えず、自分のペースでもっと楽しい人生を目指す人たちが
通う施設です」とあるように、現在29名いる利用者さんたち
が、各グループに分かれて、それぞれの個性、適性、ペースに
合ったお仕事をされています。

031.JPG

ボラセンスタッフがお邪魔した日、1階では、企業からの受注を
受けての印刷・製本作業、バザーに出品するリサイクル品の準備
といった作業をなさっていました。

印刷の仕事はずっと立ち通し。おまけに、ちょっとした紙質の
違いで、機械が紙詰まりを起こしてしまうので、その微調整も
大変だとのこと。

029.JPG 028.JPG

こちらは、地域の方から提供されたリサイクル品の手入れを
されているところ。バザーで販売できるよう、バッグの金具を
ていねいに磨かれていました。

034.JPG 027.JPG

リサイクル品はバザー以外の日にも、正面の入口を入ってすぐの
売店「Happy Smile」で購入できます。(写真は、小皿の値付け
をされているところ)
中古の書籍は全品20円! 子どもの頃大好きだった児童書を
購入しました。

2階は大部分が広々とした調理スペースになっており、クッキ
ー、ケーキのほか、溶岩窯を使用してのパンの製造をされて
います。

017.JPG

販売は1階の「COLOR コロール」のほか、本多公民館内の
ともしび売店、市民スポーツセンター、西町地域センター、
福祉センター、市役所駐車場などで行っています。

036.JPG

また、同じ2階の一番奥まったところでは、ステンシルを
あしらったポチ袋、フェルティングニードルを使用したマス
コット作りに取り組んでいる方がいらっしゃいました。

026.JPG 025.JPG

こちらは、1点1点ステンシルでイラストを入れているところ。
すべてオリジナルデザインです!!

020.JPG 024.JPG

針の先がギザギザしているフェルティングニードル。うっかり
指に刺したりすると、とっても痛い(!!)んです。
こちらのクマはオリジナルデザインですが、ペットの写真を
お預かりしてのオーダーも受けているそうです。

IMG_0920.JPG

次回定例バザーは、8月24日(木)開催exclamation×2
地域に開かれた施設をめざす「ともしび工房」さんに、
ぜひお出かけください。
もちろん、準備や当日の販売を手伝ってくれるボランティア

さんも大募集中です!

くわしくは、ボランティア活動センターこくぶんじ
電話042-300-6363電話

夏ボラリポート⑧国分寺市障害者センター

夏ボラリポート第8弾。今回ご紹介するのは西国分寺駅南口から
徒歩8分ほどの「いずみプラザ」内にある
「国分寺市障害者センター」さんです。
こちらでは、市内在住の障がいをお持ちの方を対象に、
相談支援、就労支援、生活介護など、さまざまな事業を
展開されています。

002.JPG

そのなかで、「夏体験ボランティア」を受け入れてくださって
いるのは、「生活介護事業 太陽」さん。
障がいを抱えた方、お一人お一人の特性や希望に合わせて、
作業活動(ポスティング・リサイクルなど)・創作活動
(陶芸・さをり織り・革工芸・フェルトなど)・自己表現
活動(音楽・エアロビクスなど)・余暇活動を提供されて
いるほか、必要な方には身体機能訓練・言語訓練・作業訓練
なども行われています。

ボラセンスタッフがお邪魔した日は、利用者さんたちによる
自治会の当日。普段はグループに分かれて、それぞれの活動を
されていますが、このときは一堂に会して、翌月の予定の
確認をしたり、全体で検討が必要なことを話し合ったりされる
そうです。

障害者センター自治会②.png

この日、夏ボラに参加してくれたのは、泉町に住む中学3年生の
女の子。
障害者センターの利用者さんがクッキーを販売する姿を何度か
見かけ、「楽しそうだな」と思って、センターについても
興味を持ったそうです。
障がいを抱えた方との関わりは初めてとのことで、最初は少々
緊張した表情で自治会を見学されていましたが、利用者さんから
次々に声をかけていただくうち、自然に笑顔がこぼれてきました。

032.JPG 029.JPG

自治会の後は、主に中途障がいを抱えた方たちのグループに
参加。
利用者さんから組みひもを教わったり、おしぼりを一緒にたたん
だり、しりとりを楽しんだりしました。
中途障がいで、右手に麻痺を抱えた女性の方からの提案で、
彼女と同じように、利き手と反対の手を使ってのおしぼり
たたみに挑戦しましたが、とっても大変でした…もうやだ〜(悲しい顔)

終礼のあとは、ご指名を受けて、車椅子利用者さんの
送迎車までの移動をお手伝い。
スタッフの方からは、「(ボランティアさんが)今日来てくれた
おかげで、みんなが笑顔になった。言葉で伝えられない人も、
いつもより活き活きしていた」という言葉をかけて頂きました。

またぜひみなさんに、会いに来てくださいね。

051.JPG

「障害者センター」さんでは、今年も「晴れサンサンゆめまつり」
のボランティアを大募集中です!!
くわしくは、こちらバッド(下向き矢印)
サンサンゆめまつりボラチラシ.pdf

「夏体験ボランティア」もまだまだ募集中です。
くわしくは、ボランティア活動センターこくぶんじ
電話042-300-6363電話

夏ボラリポート⑦アスクこくぶんじ南町保育園

夏ボラリポート第7弾は「アスクこくぶんじ南町保育園」さん。
国分寺駅南口から徒歩8分のマンション内という、アクセスの
よい保育園です。

084.JPG081.JPG

普段は0歳児から5歳児が、うさぎ、パンダなど、動物の名前の
ついた6つのクラスに分かれて生活していますが、
お盆休み期間中のこの日は、2歳児と3歳児、4歳児と5歳児が
それぞれ一緒のクラスで過ごしていました。

アスクこくぶんじ2歳児.png

この日参加してくれたのは、中学3年生の女の子。
午前中は2歳児・3歳児の合同クラスにお邪魔し、
室内遊びの様子を見学しました。
普段は近くの公園に出かけての外遊びにも力を入れている
アスクさんですが、この日はあいにくのお天気。
ダンスや紙芝居など、室内の活動を楽しんでいました。

109.JPG

給食の時間には4歳児・5歳児の合同クラスに移動。
先生から紹介していただいたあと、「食べ物は何が好き?」
「何の花が好きですか?」など、子どもたちからたくさんの
質問を受けました。

128.JPG

「お弁当は各自で用意」という活動先が多いなか、「アスク」
さんでは昼食代500円の負担で、子どもたちと同じ給食を
一緒に食べることができます。
この日はチャプチェ、野菜のさっぱり和え、中華スープ、
ごはんと、野菜たっぷりのメニュー!
テーブルを一緒に囲めば、話もはずみますねわーい(嬉しい顔)

今回、2日続けて参加申し込みをしてくれたMさん。
2日目は、子どもたちともっと仲良くなれると思いますよ揺れるハート

夏ボラリポート⑥ポッポのもり保育園

夏ボラリポート第6弾。今回ご紹介するのは西恋ヶ窪の
「ポッポのもり保育園」さん。
夏ボラでは特に人気の施設さんで、8月9日現在、すでに
14名のボランティアさんが、活動に参加しています。

052.JPG 053.JPG

夏休みのあいだは、子どもたちのプールあそびのお手伝いを
ボランティアさんにお願いすることが多いのですが、
ボラセンスタッフがお邪魔した日は、あいにくのくもり空。
プールはお休みして、近くの公園にお散歩に行くことに
なりました。

029.JPG

今回、3歳児さんのクラスで活動してくれたのは、
府中西高校3年生の女の子かわいい
忙しい受験勉強の合間をぬっての参加でした。

初めてのボランティア体験に、最初は少々緊張気味でしたが、
先生方がとても上手に声をかけてくださったおかげで、
すぐに子どもたちと打ち解け、すっかり人気者になりました揺れるハート

023.JPG

ご自身はかつて幼稚園に通っていて、保育園の生活を
体験するのは初めてというボランティアさん。
3歳児のクラスにもお当番制があり、お当番の子どもが散歩の
ときにみんなに声かけしたり、給食の配膳のお手伝いをしたり
する様子を見て、関心しきりでした。

ポッポのもり給食④.png

子どもたちの「またきてね~」という声に送られて、
午前中いっぱいで活動を終えました。
こんな楽しい活動なら、また何度でも参加したくなりますね。

「夏体験ボランティア」くわしくは、
ボランティア活動センターこくぶんじ まで晴れ
電話042-300-6363電話

夏ボラリポート⑤いずみ児童館

7月20日(木)からスタートした
「夏体験ボランティア」。
始まって2週間ほどですが、すでに30名近い人たちが、
国分寺市内のいろいろな施設・団体さんで活動をしてくれて
います。

今回ご紹介するのは、8月の最初の3日間、
「いずみ児童館」で活動してくれた
高校生の男の子。
夏休みの宿題でボランティアをすることになったとき、
活動場所として真っ先に思い浮かんだのが、小学生のころ
お友達と通っていた、自宅近くのいずみ児童館だったそうです。

001.JPG 005.JPG

ボラセンスタッフがお邪魔したときには、小学生の子どもたちが
ドッジボールを楽しんでいるところで、見守りをしてくれていま
した。

017.JPG 018.JPG

前日、6年生の子どもたちばかりでドッジボールをやっていた
際には、自分も仲間に入って楽しんだそうですが、この日は
小さな子どもが多かったので、上手に手加減できるかどうか
心配で、見守りに徹したとのこと。

初めてのボランティアでは、いろいろ迷うこともあるでしょう。
そんなとき、自分でどうしたらよいか考えたうえ、スタッフの
方にどんどん相談していくと、よい勉強になると思います。

今回のボランティアの目標は、「利用者さんに親切に接する」
ことだと聞きましたが、それについては「できた!」という
手ごたえを感じたそうです。
ぜひ、また違う目標をもって、ボランティアに取り組んでみて
くださいね。

「夏体験ボランティア」まだまだ申し込み受付中です。
ボランティア活動センターこくぶんじ
電話042-300-6363

夏ボラリポート③国分寺市寿奉仕団

夏休みが始まって、早くも10日が経ちましたね。
みなさん、夏休みの宿題は順調に進んでいますか?

今回ご紹介するのは「国分寺市寿奉仕団」さん。
使用済み切手を整理、売却し、その売上げを寄付する活動、
高齢者の一人暮らしのお宅への友愛訪問、
西国分寺駅南口周辺の美化運動といったことに
長らく取り組んでいらっしゃる、高齢者を中心とした
団体さんです。

今年の夏ボラでは「使用済み切手の整理作業」の参加を
募集していますが、7月27日木曜日、ボランティア活動を
夏休みの自由研究にしようと、第二小学校6年生の男の子が
お母様と参加してくれました。

003.JPG

まず、代表の河﨑さんから、寿奉仕団でどのような活動を
しているのか、切手の整理はどのような手順でやるのか、
寄付金はどのように使われるのかといったお話を伺いました。

009.JPG

お話を伺った後、さっそく作業にとりかかりました。
切手を収集する方が見て、いいな、ほしいな、と思って
もらえるよう、台紙をきれいに切り落としていきます。
昔の古い切手、外国の切手、珍しい記念切手などさまざまな
ものがあり、その都度みなさんで見せ合って楽しみました。

014.JPG

今回の活動で、切手に興味が持てただけでなく、切手のデザイン
になっていた中国の古代文字や百人一首に選ばれた歌人にも
関心が持てたとのこと。
自由研究の出来上がりが楽しみです!!

「夏体験ボランティア」
夏休みの自由研究にもおすすめですよ。
くわしくは、ボランティア活動センターこくぶんじ
電話042-300-6363電話

夏ボラリポート②デイサービス日吉の里「納涼祭」

夏ボラリポート第2弾! 今回は社会福祉法人 心会さん
(国分寺市日吉町4丁目)のデイサービス・日吉の里
「納涼祭」です晴れ

006.JPG010.JPG

参加してくれたのは、今年の春に中学生になったばかりの
女の子。
日吉の里さんの前を何度も通ったことがあったので、一度、
施設の中を見てみたいと思ったそうですわーい(嬉しい顔)

014.JPG

一緒にボラセンまで申し込みに来て下さったお母様は、「一人で
大丈夫かな?」と、ちょっと心配そうなご様子でしたが、
「すーっと輪のなかに溶け込んでくれた」とのスタッフさんの
言葉どおり、みなさんと自然に関わり、また自分自身でも活動を
楽しんでくれていました。

037.JPG

盆踊りが終わったあとには、スタッフさんの動きを見ながら、
みなさんが使っていた小道具をさっと回収してくれるなど、
初めてのボランティアとは思えない積極性!
素晴らしかったです揺れるハート
ぜひ、違う活動にも挑戦してみてくださいね手(チョキ)

「夏体験ボランティア」
あなたもチャレンジしてみませんか? 1時間からOKの活動もありますよ!

くわしくは、ボランティア活動センターこくぶんじ
電話042-300-6363電話

「ひかり夕ごはんフェス」に行ってきました!

ふだんは月1回、土曜日のお昼に開催されている「ひかりごはんフェス」。
この夏初めて「夕ごはんフェス」を企画されたとの
ことで、さっそくお邪魔してきましたわーい(嬉しい顔)

003.JPG

本日の準備数は50食!学童の調理室では職員の方々がメインの
豚丼、みそ汁、ごはんを調理し、児童館の小さな調理スペース
では、長く児童館を利用しているという中学生の女の子たちが、
豚丼に添える野菜の下ごしらえをしていました。

011.JPG

子どもたちの健やかな体づくりを大切にしている「ごはんフェス」。
それだけに、豚丼とはいえ、トマト、ナス、オクラなど、
季節の新鮮な野菜がふんだんに使われていました。
(ご飯はすべて寄付でまかなえたそうです!)

027.JPG

「子どもたち、野菜は苦手なんじゃないのかな?」と思っていま
したが、残す子どもはいませんでした!
毎回、楽しみに参加してくれている子どもたちが多いとのこと。
スタッフのみなさんの温かい気持ちが、子どもたちにちゃんと
伝わっているのですね。

019.JPG

※「夕ごはんフェスはじめます!」の平尾館長のごあいさつと
同時に、受付には長い列が…。50食すぐに完売しました!
お食事代は、幼児さん50円、小学生以上100円、大人250円
でした。

フェスの中ほどの時間には、学童の先生方によるピアノと歌の
コンサートや「児童館クイズ」といった楽しい催しも!
お腹も気持ちも満たされた「ひかり夕ごはんフェス」でしたかわいい
この「夕ごはんフェス」。8月は18日(金)の開催です!

「ひかり夕ごはんフェス&ごはんフェス」ボランティア募集!!
喫茶店日 時:①8月18日(金)17時~20時(夕ごはんフェス)
     ②9月9日(土)9時~15時
     ③11月25日(土)9時~15時
喫茶店会 場:ひかり児童館(国分寺市光町3-13-19)
喫茶店対 象:専門学校生、大学生、一般(小・中・高生不可)
喫茶店持ち物:エプロン、三角巾、上履き
喫茶店募集人数:5名(男女不問)
※昼食は不要です。動きやすい服装でお越しください。

<問い合わせ先>
ボランティア活動センターこくぶんじ
電話042-300-6363電話

Copyright © ボランティア活動センターこくぶんじ All Rights Reserved.