Kokubunji Voluntary Action Center
お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ

「おうちでできるボランティア 第4弾 年賀状編」を募集します

新型コロナウイルスの影響で、外出や人に会う機会が減った市内在住の高齢者の方(当センター主催事業の利用者)に、新年のメッセージや元気の出る言葉などを送ってみませんか?
集まったハガキは、ボラセンで年賀スタンプを押し、新年に到着するよう投函します。
 
印刷したものやスタンプでも構いませんが、その場合はどこかに一か所、一言だけ手書きのメッセージを
添えて下さい。応募方法は下記の通りです。

【1】官製ハガキを持参する場合
 下記2カ所に受付BOXを用意しますので、宛名は未記入のままお手持ちの封筒に入れ、
 封筒に住所・氏名をご記入の上提出ください。
 ◆国分寺市社会福祉協議会事務局(戸倉4-14 国分寺市立福祉センター内)
 ◆ボランティア活動センターこくぶんじ(東元町3-17-2)

【2】往復ハガキを使い郵送する場合
 <往信宛名面> ①ボラセンの郵便番号・住所を記入
 <往信の文面> ②ご自身の郵便番号・住所・氏名・やってみたいボランティア活動・
         ボラセンへのメッセージなどを記入。
 <返信宛名面> ③何も書かないで下さい。
 <返信の文面> ④メッセージやイラスト、元気の出る言葉などを記入

  ※①~④まで確認の上、ポストへ投函してください。

往信欄住所宛先:〒185-0022 国分寺市東元町3-17-2
         ボランティア活動センターこくぶんじ
受付期限:2020年12月10日(木)

「おうちでできるボランティア 第3弾 ウエス編」を募集します

ウエスとは、古いタオルやシーツ、水分を吸い取るTシャツなどの衣類を、
フェイスタオルの1/4くらいのサイズに裁断した、「使い捨ての雑巾」です。
高齢者施設等で大変重宝されています。
コロナ禍の自粛生活中に部屋を片付けながら、不要になった物を再利用
してみませんか?
ご協力いただける方は、ボランティア活動センターこくぶんじ、または、
国分寺市社会福祉協議会 事務局までご持参いただくか、郵送(宅急便)にて
お送りください。
保管場所の都合上、お一人様「紙袋1つ」分くらいですと助かります。

募集期間:2020年12月25日(金)まで
 送付先:〒185-0022
     国分寺市東元町3-17-2
     ボランティア活動センターこくぶんじ
問い合わせ:042-300-6363

 

 

「おうちでできるボランティア 第2弾 ポスター編」協力飲食店の募集!

新型コロナウイルスの感染拡大によって、お持ち帰りやお弁当の販売をしたり、営業時間を縮小している飲食店の皆さんにお知らせです!
先日、「市内で頑張っている飲食店を応援する企画」として、地域の皆さんに「応援ポスター」を作ってもらうよう呼び掛けています。
すでに、のぼり旗を作成したり、お店の方で作成したPOPを貼ってPRしていると思いますが、この「応援ポスター」を掲示してくれる飲食店を大募集します。
学校の休校や、在宅勤務等、不要不急の外出自粛で家にいなくてはいけない中、「自分でできることを何かしたい!」と思って書いてくれたポスターを、飲食店の皆さんにもぜひボランティア(地域貢献)として貼って欲しいのです!
頑張っている者同士、お互い様の関係で助け合いませんか?
詳しくは、下記をご覧ください。
申し込みは、専用フォームからとなりますので、よろしくお願いします。

【ポスター概要】
 ※地域の方から送られてきた「ポスター」は、ボラセンでラミネートしてからお届けします。
 ➀ ポスターは、下記の4種類のいずれかの言葉を使用し作成しています。
  〇お弁当あります   〇お持ち帰りできます  〇テイクアウトできます  〇営業中
 ➁ 上記の4種類の中から1店舗につき2枚まで選べます。(組み合わせ自由)
 ➂ ポスターの大きさは、A3 または A4 より選んでください。(原稿を拡大・縮小する場合あり)
 ➃ 送られてきたポスターは、地域福祉コーディネーター等が各店へお届けします。
  ※その際、少しお話を聞かせていただくことがあります。
 ➄ ポスターを掲示した写真とお店の紹介文(100文字程度)をボラセンまでメールしてください。
 ➅ いただいた写真、紹介文、お店のURL等を、ボラセンブログやホームページで紹介します。

☆申込はこちらから☆

  ポスター申込フォーム

まだまだ募集中! 国分寺で頑張っているお店を応援しましょう! 「おうちでできるボランティア第2弾」ポスターを作ろう!

「応援ポスター」を引き続き募集しています。ご協力お願いします!

「お弁当やお持ち帰りなどで営業を続けている飲食店をポスターで応援しよう!」
でスタートした企画ですが、飲食店に限らず、すべてのお店を応援しましょう!

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出自粛が続く中、何かできることはないかな?と思ってくれる人がたくさんいます。そこで、ボラセンでは「おうちでできるボランティア活動」の第2弾を企画しました!ズバリ!国分寺市内で営業を続けている飲食店を応援するためのポスター作りです。イメージは、『かき氷屋さんの店先に出ている旗』のように、このポスターを見たら「あっ!お持ち帰りできる!」とか「お店開いてる!」とわかる…そんなポスターです。

↓これまでにご協力いただいたポスターの一部です。
                                 

【作成内容】 ※変更箇所あります!   
 ➀下記、4つの言葉のいずれかを使って作成してください。
   〇お弁当あります 〇お持ち帰りできます 〇テイクアウトできます 〇営業中   
         *どのお店でも使えるように、言葉は限定しています。

 「営業中」のみでお願いします。上記のポスターのように「今日も元気に営業中」や「頑張って営業中」など 言葉を足していただいても構いません。

 ➁ポスターの大きさは A3 か A4 で作成してください。(ボラセンで縮小・拡大する場合あり)

 ➂文字だけでも、イラストや写真を入れてもOK。(➀の言葉が目立つよう書く)             *お子さんがイラストを描いて、文字を大人が描くパターンもありです。

 ➃手書きでも、パソコン等を利用しても、何でもOK(手書きの場合はなるべく濃く書く)        *レタリングやデザイン、書道、クレパス・・等々、自分の特技を活用しよう!

【提出方法】
  持参、郵送またはメールにて ボランティア活動センターこくぶんじへ(日・祝日は休館)
【募集期間】
  令和2年5月30日(土)まで  随時募集中!
【その他】
  ・届いたポスターは、ボラセンでラミネートしてから希望店舗にお渡しします。 
  (メール提出の場合、ボラセンでフルカラー印刷しますが色の出方が変わることがあります。) 
【問合せ・提出先】 
  ボランティア活動センターこくぶんじ   〒185-0022 国分寺市東元町3-17-2 
        ☎042-300-6363   E-mail center@ko-shakyo.or.jp   

 

皆さんの声をお聞かせください(*^^*)

皆さんこんにちは!
国分寺市社協:地域福祉コーディネーターです。

新型コロナウイルスの流行が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私たち地域福祉コーディネーターは、地域の皆さんのお困りごとなどを聞き、皆さんと一緒に考えたり、必要な情報を届けたり、必要な関係機関につなげていくために、ボランティア活動センターこくぶんじ(ボラセン)にいます( *´艸`)

こんな時だからこそ、皆さんの

「困っていること」 「知りたいこと」など、ぜひご相談ください (*’▽’)♪

 

また、今後地域の情報も発信していきたいと思いますので、皆さんの

「伝えたいこと」 「楽しいこと」 「こんなことやってるよ」など、ぜひお寄せください(*^^)♪

いつでもご連絡をお待ちしています。
体調に気を付けて、みんなでこの状況を一緒に乗り越えていきましょう!

↓ ↓ 下記より、地域情報へ ↓ ↓

地域の情報「ポスターを届けてきました④♬♪」 ←NEW! 8/26(水)
 
地域の情報「ポスターを届けてきました!!③」 
 
地域の情報「ポスターを届けてきました②」
 
地域の情報「ポスターを届けてきました!」  
 
地域の情報 ポスターを貼ってくれる飲食店大募集!
 
地域の情報「おうちでできるボランティア~第2弾~」
       お弁当やお持ち帰りなどで営業を続けている飲食店をポスターで応援しよう!https://blog.canpan.info/kokubunjivc/archive/969
 
地域の情報 「おうちでできるボランティア」 ~マスク作りに挑戦!~ 
 
地域の情報 「ソーシャル・ディスタンシングのその後!?」
https://blog.canpan.info/kokubunjivc/archive/964
 
地域の情報 「みんなで協力しよう!使い捨てマスクの寄付募集」
https://blog.canpan.info/kokubunjivc/archive/963 
 
地域の情報「テイクアウトごはん」
 
地域の情報「ソーシャル・ディスタンシング」って…⁉
 
 
 
 
 
※いただいた情報は掲載できない場合もありますので、予めご了承ください。

 

  問い合わせ先
  国分寺市社会福祉協議会
   ボランティア活動センターこくぶんじ内
  地域福祉コーディネーター
   電話 042-300-6363
   メール chiiki@ko-shakyo.or.jp

【重要】窓口業務および各事業の再開についてお知らせ

当センターは、5月18日(月)より一部事業の再開をいたしましたが、この度の「緊急事態宣言の解除」を受け、休止しておりました下記業務につきましても、6月15日(月)より再開いたします。  

【再開する業務】
 〇 土曜日の開館(6月20日~)  
 〇 会議室の貸出(予約開始:下記参照)*条件がありますので、詳しくはお問い合わせください。
 〇 ふれあい備品の貸出
 〇 車いすステーションでの車いす貸出

【予約受付開始について】
 「会議室」および「ふれあい備品」の予約は、6月1日(月)午前9時より電話にて受け付けます。  
  *登録団体、会費協力団体等・・・9月分まで
  *一般団体等・・・・・・・・・・8月分まで

なお、緊急事態宣言が解除されても、感染が完全に終息したわけではありません。当センターにつきましても、市民の皆さんや職員の安全・安心を考えて段階的に通常業務に戻していこうと思っております。しばらくの間は、マスクの着用や消毒・部屋の換気など、お願いすることが多くなり、何かとご不便をおかけするかと思いますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

【手作りマスクのご協力ありがとうございました!】

 「おうちでできるボランティア第1弾(マスク編」を実施しておりましたところ、市内外問わずたくさんの方々がご協力くださいました。キットの申し込みもさることながら、自宅にある布で作成してくださった方も多く、合計696枚(5月29日正午現在)のマスクが寄せられました。本当にありがとうございました。誠に勝手ではありますが、月末日をもちまして、キットの申し込みとマスクのご寄付を一旦終了とさせていただきます。(キットを送付した方が作成しているマスクは期限後も受け取ります。)なお、政府が配布したマスクを、「何かに役立てたい・寄付したい」とお考えの方は、ボラセンまでお持ちください。(郵送可)今後、必要とされている施設等に寄付をしたいと思います。 (皆さんから寄せられたマスクの写真等は、ブログで紹介しておりますので、こちらもチェックしてください。⇒ https://blog.canpan.info/kokubunjivc/archive/972 ) 

 

【問合せ・連絡先】
  ☎  042-300-6363  
  E-mail center@ko-shakyo.or.jp(ボランティア活動センター)
       chiiki@ko-shakyo.or.jp(地域福祉コーディネーター)
                             
                           ボランティア活動センターこくぶんじ
                                  地域福祉コーディネーター
                                         職員一同 

 

                                        

【情報提供】子育て応援プロジェクト「親子で遊ぼ♪@オンライン」

立川の団体である「親子で遊ぼ♪オンライン実行委員会」さんが、ZOOMを使って、親子あそびやママ同士のおしゃべりを楽しめるプログラムを実施しています。
近隣の方にもぜひ参加して欲しい!との情報提供がありましたので、お知らせします。
興味にある方は、下記よりご確認ください。

主催:親子で遊ぼ♪オンライン実行委員会
https://t-mirai.com/infomation/15787/

「おうちでできるボランティア」 ~マスク作りに挑戦!~

こちらは、5月末日をもってキットの申込および布マスクの寄付の受付を終了いたします。ご協力ありがとうございました。 詳しくは⇒https://blog.canpan.info/kokubunjivc/archive/972

 

「おうちでできるボランティア」 ~マスク作りに挑戦!~

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出自粛の日々が続いておりますが、みなさんはどのような工夫をして過ごしていらっしゃいますか?
ボランティア活動センターこくぶんじでは、市民の方からの呼びかけを受け、おうちでできるボランティア活動として『布マスク作りボランティア』を募集します!
 
【内 容】 家にある布、または、ボラセンで用意する
                           キットで布マスクを自宅で作成。
        出来上がったマスクを郵送にて受け付けます。
 
【配布先】 国分寺市社会福祉協議会の事業の利用者
                                                     (高齢者・障がい者)等
                                        (集まった枚数により、配布先を広げていく予定)
 
【参加方法】 
 (自分で作成)・自宅にある布を(可能な限り)一度洗ってアイロンをかけてから作る。
        ・マスクの形態の指定は特にありません。
        ・出来上がったマスクは、ボラセンまで郵送してください。
 
 (キット利用)・下記の申込フォームより、キットの申し込みをする。
        ・ボラセンよりキットを郵送しますので、届いたら作成する。
                                  (参考となる作り方を一緒に送ります。)
        ・出来上がったマスクは、ボラセンまで郵送してください。
   ※キット内容は、手ぬぐい1枚、マスク用ゴム、説明書の予定です。(出来上がりマスク4枚)
   ※キットの郵送は、材料の準備ができ次第送りますので、しばらくお待ちください。
    
【その他】 今後、政府より送られてくる布マスクを他に役立てたいと思っている方は、ボラセンに
      ご寄付ください。(未使用の物に限ります)
      布マスク作成の材料(リメイク)等で活用させていただきます。
      ご寄付は郵送にて受け付けます。
 
 
   
 
【問い合わせ・連絡先】
     ボランティア活動センターこくぶんじ     
 
     電話1(プッシュホン)  042-300-6363   
     E-mail center@ko-shakyo.or.jp
 
 
☆ボランティア活動センターこくぶんじは、5月16日(土)まで臨時休業しております。  
 職員は平日のみ交代勤務で出勤しておりますので、ご不明な点がありましたら、お電話またはメールにて
    ご連絡ください。

ボランティア活動センターこくぶんじ「窓口業務一部再開」のお知らせ

当センターは、新型コロナウイルス感染拡大防止に対する「緊急事態宣言」の発令を受け、4月13日(月)より窓口業務を臨時休業しておりましたが、

5月18日(月)より一部再開

    いたします。     

【再開する業務】
〇 ボランティア活動センター開館(月~金 9時~17時)  
〇 ボランティア保険の受付  
〇 コピー機、印刷機の貸出(長時間の使用・帳合作業は不可)
〇 車いすの貸出

【引き続き休止する業務】
〇 土曜日の閉館  
〇 会議室の貸出
〇 ふれあい備品の貸出
〇 車いすステーションでの車いす貸出

緊急事態宣言は、5月31日まで延長となっております。市民の皆さんや職員の安全・安心を考えますと、引き続き不要不急の外出は自粛いただきますよう、ご理解・ご協力をお願いいたします。

なお、相談や連絡等につきましては、通常の開所時間内(月~金・9時~17時・祝日除く)で、電話 またはメールにて対応しておりますので、何かありましたらご連絡ください。

【相談・連絡先】
  ☎  042-300-6363  
  E-mail center@ko-shakyo.or.jp(ボランティア活動センター)
       chiiki@ko-shakyo.or.jp(地域福祉コーディネーター)
                             
                           ボランティア活動センターこくぶんじ
                                  地域福祉コーディネーター
                                         職員一同 

地域で気になることがある!地域でやりたいことがある!地域福祉コーディネーターへご相談ください。

▷こんなことがあったら、まずはお気軽にご相談を!

*近所で気になる人がいる

*地域の情報を知りたい♪                                                           DSC09851

*地域のためにしてみたいことがある!                           

*誰に相談したらよいか分からない…。

*事業所として地域貢献したいんだけど。

 

▷地域福祉コーディネーターは『気づく・つなぐ・つくる』をキーワードに『連携・協働の輪』を広げていきます!

『気づく』:積極的に地域へ出向き、地域ニーズを把握していきます!

『つなぐ』:支援が必要な方を専門機関につなげたり、地域の皆さんや関係機関の

      方々とのネットワークを強くしていきます。

『つくる』:地域に必要な活動や取り組み、仕組みづくりなどを、皆さんと一緒に

      考えていきます。

 

地域福祉コーディネーターとは…。

少子高齢化や核家族化、地域のつながりの希薄化など、地域社会を取り巻く環境の変化による福祉ニーズの多様化、複雑化へ対応するために、令和元年度から国分寺市の委託により配置されました。どこに相談したらよいかわからないお困りごとや、気になること、地域の様々な相談に幅広く対応します。また、地域に出向き、皆さんと協働して問題解決に向けた取り組みを支援します。新たな地域活動の立ち上げや運営支援も行います。

 

地域のネットワークづくりのイメージ図

▷担当地区

区域

担当者

                町名

  地域包括支援センターエリア

 

 東

 

 川合

東元町、西元町、南町、泉町、

西恋ヶ窪、東戸倉、本町、本多、東恋ヶ窪

 

もとまち・こいがくぼ・ほんだ

 

 西

 

 川端

戸倉、日吉町、内藤、光町、高木町、

西町、富士本、新町、並木町、北町

 

ひよし・ひかり・なみき

 【問い合わせ】

社会福祉法人 国分寺市社会福祉協議会

ボランティア活動センターこくぶんじ内     

〒185-0022 国分寺市東元町3-17-2     

TEL  042-300-6363           

FAX  042-300-6365

E-mail     chiiki@ko-shakyo.or.jp

【相談日時】

 月~金曜日

 8:30~17:00(祝日・年末年始を除く)

    【アクセス】

 地図4

国分寺市公式ホームページ(外部リンク)

平成31年度中央競馬馬主社会福祉財団助成事業

■助成団体

公益財団法人 中央競馬馬主社会福祉財団

 

■概要

社会福祉法人、特定非営利活動(NPO)法人等が運営する社会福祉施設等に対する施設整備等の助成事業。主な対象事業は、福祉車両、送迎用車両、特殊浴槽等備品の購入又は施設の設置、増改築及び各種修繕工事等で、各種施設の運営に必要なもの。

 

■対象施設

○ 社会福祉事業を行う、社会福祉法人及びNPO法人
○ NPO法人に関しては、主に障害者関係に従事している施設
○ 市区町村の社会福祉協議会自身に対しては、原則として助成対象としない。

 

■対象事業

①車両の購入 ②備品等の購入 ③その他(修繕工事など)

 

■提出期限・方法

平成31年4月1日(月)~5月31日(金)    東京馬主協会ホームページにて申請。 

https://www.toa-fukushi.jp/

 

 

■事務局・お問合せ先

一般社団法人 東京馬主協会 (月曜日定休)
 〒183-0024 東京都府中市日吉町1番地 東京競馬場内
 TEL 042(365)3705

 

平成31年度オリックス宮内財団 「子ども食堂応援プロジェクト」助成

■助成団体

公益財団法人オリックス宮内財団

 

■概要

①子ども食堂の運営に対する助成(上限30万円まで)

②子ども食堂の開設拡充に伴う設備助成(上限30万円まで)

 

■対象

子ども食堂を運営し、次に掲げる要件を満たす団体

(1)子ども食堂を特定の場所で月1回以上運営していること(ただし、子ども食堂を新たに運営する場合は、平成32年3月末までに子ども食堂を開設し、月1回以上の運営を計画していること)

(2)団体固有の口座を有していること

(3)主な活動先の市区町村社会福祉協議会の推薦が得られること

 

■提出期限・方法

<上半期>募集期間   平成31年 4月1日(月)~ 5月31日(金)

 

 ○平成31年度上半期子ども食堂助成要綱・申請書に関しましては、お手数ですが下記URLよりダウンロードをお願いします。

○平成31年度上半期子ども食堂助成要綱
 http://www.tvac.or.jp/download/b8c1dffb83.docx
○申請書
  http://www.tvac.or.jp/download/7469b6c46f.xlsx

 

 

■事務局・お問合せ先

公益財団法人オリックス宮内財団 事務局

〒105-0023東京都港区芝浦1-1-1

電 話   :03-6891-7916

FAX:03-6891-7950

 

 

車いすステーション閉所のお知らせ

車いすステーション閉所のお知らせ演劇

①山村宅 (戸倉1-9-29)

②マツヤ(西町5-29-2)

10月末をもちまして閉所しました。
今までご協力ありがとうございました。

 

kurumasiu.png

「国分寺市寿奉仕団」会員募集中【ND30-69】

ひらめき会員を募集していますひらめき

国分寺市内で40年以上活動されているボランティア団体「国分寺市寿奉仕団」では、

一緒に活動してくれる方を募集しています。

 

活動内容は「使用済み切手の整理作業」ですわーい(嬉しい顔)
ハサミで使用済み切手の四辺の切手のギザギザを切らないように等間隔に切り、

その切手を売却し、売上金を寄付する活動です。
細かい作業ですが、難しくなく、脳の活性化にもなりますよぴかぴか(新しい)

yjimage.jpg

夏休みにボランティアに参加した学生さんからも「楽しかった!」、

「あっという間に時間が過ぎちゃったるんるん」なんていう感想も出るくらい、

なんだか楽しくてのめり込んでしまう活動ですexclamation×2

yjimage②.jpg

 

次項有活動日時    毎月第2(木)13:00~15:00
次項有活動場所    福祉センター(戸倉4-14)  

※今回は福祉センターでの活動のみの募集です。
  
まずは、見学・体験をしてみませんかexclamation&question
ご興味のある方は、ぜひボランティアセンターまでご連絡ください\(^o^)/
※活動開始前にはボランティア保険への加入が必要です。

お問合せは…          
    ボランティア活動センターこくぶんじ
      電話 042-300-6363

2018.7月号 ボランティアクラブ

       

 

2018.7月号のINDEX

 


 ①『2018夏体験ボランティア』スタート!!

②『ここねっと推進助成事業(後期分)』募集開始!

③『ガイドブック』完成しました♪

④『イエノウエノここねっと』開催しました♬

 

 

 

 

 

①『2018夏体験ボランティア』スタート!!

いよいよ本日より「2018夏体験ボランティア」がスタートしました!

夏体験ボランティアは、名前のとおり7月20日~8月31日までの夏休み期間を利用して
ボランティアを体験してもらう事業です。 DSC09002

この体験を通して今後、ボランティア活動に参加したり、地域との交流や
社会勉強または将来の進路を決めるきっかけにしたり、ボランティア活動
に興味はあるが、始める方法が分からず一歩が踏み出せない方の参加を
促すことを目的としています。

対象者は国分寺市及び近隣市に在住・在学の方、活動先は昨年度と
同じ24の施設・団体が受入れ先となってくださり、内容も高齢者、児童、障がい者、その他と様々です。

 今年度は例年通り4回の説明会のほかに、国分寺高校や東京経済大学に出向いて説明会を開催したり、国分寺市立第二中学校では給食の時間に校内放送を使って夏ボラPRという初めての試みも行いました。                                                     
(参加者は105名。そのうち、親子での参加は12組)

                                                夏ボラ説明会(本町・南町地域センター)    夏ボラ説明会(福祉センター)

 説明会では、申込み方法の説明以外に、「ボランティアの歴史や心構え」などの話をしたり、昨年度の受入れ施設の体験内容を、写真を交えながら紹介しました。

                                                 夏ボラ説明会(東経大)   夏ボラ説明会(国分寺高校)                                                    

参加された皆さんの真剣に聞いている姿を見て、ボランティアへの関心の高さが伺えました。参加のきっかけは人によって様々ですが、皆さんがボランティアへ関心を持ってい ただくきっかけとなれば嬉しく思います。 

                                                  夏ボラ説明会(ボラセン)    夏ボラ説明会(cocobunjiセミナールーム)

 

これからボランティアをしてみたい!
まだまだ間に合いますよ!!

体験前には申込み等の説明を聞く必要があり、申込み受付は先着順となりますので、ご希望に添えない場合もありますが、まずはボランティアセンターまでご連絡ください。お待ちしています。

今後は活動先に訪問して、職員ブログにて皆さんの活動の様子をお伝えしていきたいと思っています。

http://blog.canpan.info/kokubunjivc/

 

②『ここねっと推進助成事業(後期分)』募集開始!

ここねっと推進助成事業は、市内地域福祉を推進する団体に対し、活動の充実を図ることを目的として、
平成29年度歳末たすけあい・地域福祉活動募金を財源に実施しています。申請に当たっては、
諸条件がありますので、お気軽にお問合せください。

【対象事業】
市内に所在し、ボランティア活動センターこくぶんじに登録かつ地域活動を行っている団体が、
平成30年10月1日(月)~平成31年3月31日(日)までに行う事業

【事前説明期間】
8月1日(水)~15日(水)午前10時~午後4時(要予約)

【申請期間】
8月16日(木)~30日(木)午前10時~午後4時(要予約)

※申請書類は、説明時にお渡しします。

 なお、説明及び申請は、どちらもボランティア活動センターこくぶんじ(東元町3-17-2)までご来所いただくことになりますので、予めご了承ください。
もっと地域に活動を拡げたい方、地域の居場所(サロン)を考えている方、お気軽にお問合せください!

 ☆お問合せ☆

ボランティア活動センターこくぶんじ
℡ 042-300-6363
Mail center@ko-shakyo.or.jp

 

③『ガイドブック』完成しました♪

今年もガイドブックが完成いたしました!!

昨年度よりもさらに掲載団体が増え、見ごたえのある内容となっています。

「地域や社会のために自分を活かして何かを始めたいという方」、「ボランティアにご興味のある方」、「イベントボランティアを呼びたい団体」など、役立つ情報が掲載されているガイドブックです。

ボランティア活動センターこくぶんじ、社会福祉協議会事務局、権利擁護センターこくぶんじの各窓口に置いてありますので、ぜひご活用ください。

ガイドブック

 

 

<

 ④『イエノウエノここねっと』開催しました♬

居場所づくり・地域のつながりをテーマに本町にある
イエノウエノカフェ協力のもとここねっとワンコインでのお食事会
を開催しました!題して、『イエノウエノここねっと』
今回はお試しということもあり、参加者は高齢者見守り
相談窓口ほんだで 行っている『わが町語ろう会』に
来た方です! 

 

 

そもそものきっかけは…。

高齢者見守り相談窓口ほんだの職員さんより、ほんだで開催している『わが町語ろう会』で知り合った高齢者が、日常生活の中でもつながるきっかけ作りや、地域の店舗や人と高齢者をつなぐことで、見守りの目を増やすことにつなげることを目的に、地域のお店とコラボして居場所をつくりませんか?という声をいただいたことでした。そこで、イエノウエノカフェオーナーに「高齢者や子育て中の親子など、年代を問わず地域の中に入りづらいと感じている人がいます!デイサービスや地域のグループ活動など、決まった活動にはあまり興味はないけれど、誰とも交流が無いことも不安と感じていると思います。そこで、比較的コミュニケーションがとりやすい「食」を通じて気軽に立ち寄れる居場所を作り、無理なく地域の中で顔の見える関係つくりたいです!」とお話しさせていただいたところ、「早速やりましょう!」と即決!急遽6月にワンコイン昼食会の開催が実現しました♪

 

 

ここねっと2                             『イエノウエノここねっと』
           スタート! →

 

 

 

 

 

ここねっと3

   ← みなさんで「いただきます」で食事をします♪

 

 

 

 

 

 

 

「イエノウエノカフェ」は、ビル6階にあり、国分寺駅の変わりゆく風景が見えとても落ち着くお店です!

ここねっと4

 

 

                    

ここねっと5

            今回のメニューは。。。。  →                                                                       

 

ここねっと6

 

 

 

 

 

 

 

最後は『笑いヨガ』で〆ました。
今後は、定期的に実施できるように進めていきたいと思っています!ベースは高齢者から始めますが、子育て中の親子など、年齢に関係なくみんなの居場所になるようにしていきたいです♪定着してきたら、参加者同士でこの居場所のルールや内容を決めていけるようになれたらいいなぁ…と思ってます。効果として、特に一人暮らしの高齢者は、誰かと一緒に食事をする機会がほとんどないので、食を通じて誰もが気軽に立ち寄れる場所ができることで、孤独感の解消につながり、地元の店舗が協力してくれることも、住んでいる地域の中でお互いに顔の見える関係が出来る他、新たな出会いを通じて日常生活の中で楽しさや張り合いが生まれるのではないかと感じました♪

「平成30年7月豪雨」に関する災害ボランティア・支援情報

7月5日から降り続く大雨により全国各地で大きな被害が発生しています。
この大雨により、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

≪この災害に気持ちを寄せて下さる皆さま≫
現在は、人命救出優先です。今後、必ず、皆さんの力が必要となる時期が来ます。
現時点では、電話などでの現地への不要な問合せは極力控えて頂き、ホームページ等を中心に情報収集をお願いいたします。

東京ボランティア・市民活動センターでは、この災害に対する被害情報・支援情報が随時発信されております。
各地の情報等、下記のホームページをご参照ください。
東京ボランティア・市民活動センター

 

国分寺市社会福祉協議会では、被災された方々へのお見舞いのために、義援金の受付を行います。
皆様からお預かりした募金は中央共同募金会に送金いたします。

皆様の温かいご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

◆取扱期間
平成30年9月28日(金)まで (被災県の状況に応じて、期間を延長する場合があります) 

◆受付場所
事務局(国分寺市立福祉センター内)、ボランティア活動センターこくぶんじ、権利擁護センターこくぶんじ 

大阪府北部を震源とする地震 災害ボランティア・支援情報 【2018年6月19日 時点】

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震により、大阪府等で被害が発生しています。
被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 

被災地でのボランティア活動に向かう際は、各地域の最新の情報を確認した上で、十分な準備をし、府県もしくは市町村外からの受け入れをしているか等の情報をご確認の上、行動するようお願いいたします。

現在、発信されている各地域の情報は下記のとおりです。(6月19日時点)

■広域の情報
●内閣府(防災情報のページ)
  大阪府北部を震源とする地震に係る被害状況等について
  http://www.bousai.go.jp/updates/h30jishin_osaka/pdf/300618_jishin_osaka01.pdf
  平成30年大阪府北部を震源とする地震にかかる災害救助法の適用について【第1報】
  http://www.bousai.go.jp/kohou/oshirase/pdf/20180618_01kisya.pdf

●総務省消防庁
  大阪府北部を震源とする地震による被害及び消防機関等の対応状況(第10報 H30.6.18)
  http://www.fdma.go.jp/bn/2018/detail/1050.html

●国土交通省
   大阪府北部を震源とする地震について(第5報)
   http://www.mlit.go.jp/common/001239046.pdf

●全国災害ボランティア支援団体ネットワーク
 災害対応
 http://jvoad.jp/blog/news-cat/disaster/

●全国社会福祉協議会
 大阪府北部を震源とする地震(第1報)
 https://www.saigaivc.com/

■大阪府
●大阪府
  ・緊急情報一覧
    http://www.osaka-bousai.net/pref/EmergencyList.html

●大阪ボランティア協会
 大阪北部地震で被害にあわれた方に想いを寄せる方へ
 http://www.osakavol.org/01/saigaibousai/osaka18.html

●大阪府社会福祉協議会
 大阪北部地震(第1報)
 http://www.osakafusyakyo.or.jp/new_information/article.php?id=350&old=

●大阪市
・大阪市
   http://www.city.osaka.lg.jp/
・大阪市社会福祉協議会
 http://www.osakacity-vnet.or.jp/
 Facebookで最新情報を発信しています
 https://www.facebook.com/ocvac/posts/1729648850485370

●茨木市
・茨木市
 http://www.city.ibaraki.osaka.jp/

●枚方市
・枚方市
 https://www.city.hirakata.osaka.jp/

●守口市
・守口市
 緊急災害情報
 http://www.city.moriguchi.osaka.jp/lifeinfo/kinkyu/index.html

平成30年2月10日「国分寺の未来を考えるシンポジウム」のご報告☆

『国分寺の未来を考えるシンポジウム』
地域のつながりがまちを守る~中学生とできること~のご報告

5月15日号の国分寺市社会福祉だより『ふくし』に掲載していますが、
去る2月10日に開催しました
「国分寺の未来を考えるシンポジウム」は
盛会に終える事が出来ましたひらめき
多くの人にご来場いただき、ありがとうございました。

ご報告が遅くなりましたが、
当日の様子をイラストにて記録していた
『イラストリーム』を掲載いたしますわーい(嬉しい顔)るんるん
イラストリームは、トークイベント、講演会、ディスカッションの場を、
「イラスト」と「文字」で議事録をとっていく歌工房・歌さんならではの手法ですぴかぴか(新しい)

当日の様子が楽しく!面白く!知ることができますので、
是非ご覧くださいるんるん
残念ながら当日来られなかった方も、ご来場いただいた方も全体の様子がわかって楽しめますよ☆

◆イラストリーム◆
180210illustream_page.pdf

『はじめよう!ボランティア』の本を貸出始めます☆

本ボラセンの新規貸出図書のご案内本

昨年、ボランティア活動に関する副読本を作成するために、当センターが取材等に協力をした、
書籍『はじめよう!ボランティア』が完成し、
全4巻を寄与いただきましたぴかぴか(新しい)

DSC09023.JPG

市内在住のライターの方より小・中学生中心のボランティア事業を紹介してほしいとのご依頼を受け、主に夏体験ボランティアについて取材協力をしていましたるんるん

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてのボランティアが、
大々的にフィーチャーされる中で、今後の学校現場ではボランティア教育を行うことが
増えてくると考えられます。
しかし、現在学校図書では、福祉に関するボランティアの本しかなく、
また実践的な内容ではありませんあせあせ(飛び散る汗)
そこで、ボランティア精神を育み、子どもが自己実現を図るために作成された本ですグッド(上向き矢印)

≪ボラセンが関わった内容≫
ボラセンの役割等を説明するとともに、夏ボラやシンポジウム・ふくし体験プログラムなど、小中学生中心の事業を紹介しました。(実際に掲載されたのは夏ボラです。)
(第2巻28~29ページ、第4巻14~15ページ)

全ページフルカラーで、分かりやすい言葉で書かれていますわーい(嬉しい顔)
大人の方も必見ですよ☆

ぜひ、ボラセンに借りに来てくださいねるんるん

     
     【仕様】
       監修:長沼 豊(学習院大学教授)
       中心読者対象年齢:小学校高学年~中学生
       巻数:全4巻 
          第1巻 まちづくりとエコ活動
          第2巻 スポーツとくらしのバリアフリー
          第3巻 復興支援とまちの安全
          第4巻 オリンピック・パラリンピックと国際交流 
       判型:A4判  本体:2,500円+税
       仕様:上製 カラー32ページ+モノクロ4ページ
       版元:廣済堂あかつき
       発行:2018年4月

Copyright © ボランティア活動センターこくぶんじ All Rights Reserved.