誰もが安心して暮らせる街に

災害ボランティアセンターについて

  • HOME »
  • 災害ボランティアセンターについて

 

災害ボランティアセンターとは

近年、国内のいたるところで台風による風水害や地震などの大規模災害が発生しています。

被災地の復旧・復興には行政だけでは対応できない様々な課題があり、ボランティアの皆さんの力が大きな役割を果たしています。

国分寺市社会福祉協議会は、国分寺市と「災害時におけるボランティア活動に関する協定」を締結し、国分寺市内で震度5弱以上の地震および甚大な風水害による災害が発生した時に、災害時の円滑なボランティア活動の推進を目的として、「こくぶんじ災害ボランティアセンター」を設置します。

 

災害ボランティアセンターはどこに設置するの?

国分寺市民スポーツセンター・けやき公園内(小平市上水本町6-22-1)に設置します。

ただし、当該施設が被災し、設置することが困難な場合は、国分寺市がこれに代わる場所を確保します。

災害ボランティアセンター 地図

なぜ、社協が災害ボランティアセンターを担っているの?

社協は地域の皆さんとともに福祉のまちづくりを進めています。

災害時の支援活動では、地域住民や様々な関係機関と協力することが重要となってきます。

社協では平常時からの地域の皆さん、自治会・町内会、老人クラブ等の地域団体、福祉関係他、関係団体と連携を図りながら地域福祉活動に取り組んでいます。

日頃からの「地域のつながり」や「顔の見える関係」が、万が一の時に大きな力となります。

 

社協は、日頃からのつながりや、全国の都道府県市区町村の社協等とのネットワークを活かして災害ボランティアセンターを設置し、災害時の支援、復興に取り組んでいきます。

 

参考

「ふくし」213号 災害ボランティアセンター特集記事 抜粋

 

 

 

 

 

LINEで送る

Copyright © 国分寺市社会福祉協議会 All Rights Reserved.