Kokubunji Voluntary Action Center
助成金情報
  • HOME »
  • 助成金情報

善は急げ!助成金情報!【出光美術館・大和証券福祉財団・ヤマト福祉財団・須崎福祉財団】

出光美術館とヤマト福祉財団、清水基金の助成金の情報をご案内します!

 

公益財団法人 出光美術館 「2021年度社会福祉助成金」※令和3年9月30日まで

東京都内の社会福祉施設(障がい者福祉施設、児童養護施設)に設置される床暖房、省エネ、環境対応等の施設改造に関する助成。上限100万円で、2022年3月末までに完工予定の事業が対象です。詳しくは、助成事業部のホームページをご覧ください。

お問合せ先:公益財団法人出光美術館 助成事業部 事務局(担当:吉田)
〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-4-15
TEL:03(5428)6203 / FAX:03(3463)8750
E-mail:t.yoshida@sif.or.jp / ホームページ:http://idemitsu-museum.or.jp/grant/

公益財団法人 大和証券福祉財団 「2021年度(第28回)ボランティア活動助成」※令和3年9月15日(水)まで

・大和証券福祉財団は、2022年1月1日から12月31日に実施する①高齢者や障がい者、子どもへの支援活動及びその他、社会的意義の高いボランティア活動や②地震・豪雨等による大規模災害の被災者支援活動を対象にした助成を行います。助成金額は、1団体あたり上限30万円です。9月15日までの申請ですので、ご希望のところは今すぐ大和証券福祉財団のホームページをご覧ください!
※詳細は、公益財団法人大和証券福祉財団のホームページから募集要項をご覧ください。
※申請書の提出は、上記ホームページ上の申し込みフォームでお申し込みください。
お問合せ先:公益財団法人 大和証券福祉財団 事務局
〒104-0031 東京都中央区京橋1-2-1
TEL.03-5555-4640  FAX.03-5202-2014

Eメール fukushi@daiwa.co.ja

ホームページ:https://www.daiwa-grp.jp/dsf/grant/

 

 

 

公益財団法人 ヤマト福祉財団 2022年度「障がい者給料増額支援助成金」「障がい者福祉助成金」※令和3年10月1日(金)から11月30日(火)まで

・ヤマト福祉財団は、障がいのある方々が「自立して生活することで幸せを感じる」を大切に考えて活動しています。そこで、福祉施設・団体への方々へのお手伝いとして、障がいのある方々の給料を増額するための新規事業の立ち上げや生産性向上に必要な設備や機器を購入する資金と、障がいがある方々の福祉を増進するための事業や活動の資金を助成します。

※詳細は、公益財団法人ヤマト福祉財団のホームページから募集要項をご覧ください。
※申請書の提出は、上記ホームページ上の申し込みフォームでお申し込みください。

お問合せ先:公益財団法人ヤマト福祉財団 助成金事務局
〒104-8125 東京都中央区銀座2-16-10
TEL.03-3248-0691  FAX.03-3542-5165
ホームページ:https://www.yamato-fukushi.jp/

 

 

公益財団法人 須崎福祉財団 令和3年度上期 『一般助成』※令和3年7月1日より開始いたします。

助成対象

(1)対象事業

  • 障害児・者の自立と福祉向上を目的とした各種活動。
  • 障害児・者に対する自助・自立の支援事業。
  • 助成決定以降、原則として令和3年12月1日から事業を開始し、令和4年5月31日 (半年以内)までに終了する事業。

(2)対象団体

  • 営利を目的としない次の法人格を取得している団体(公益財団法人、公益社団法人、一般財団法人、一般社団法人、社会福祉法人、特定非営利活動法人、認定特定非営利活動法人)。もしくは、法人格がない任意団体。但し、当財団の理念に沿う公益活動において3年以上の継続的な実績と、これを証明する資料があり、且つ今後2年以内に法人化する予定がある任意団体は対象。
  • 申請事業の拠点住所(実施場所)が、東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 栃木 群馬 の関東1都6県。
  • 難病患者及びその家族を支援している団体(患者会等)も対象。

(3)応募の対象外

  • 法人としての年間収益(収入)が2億円以上。
  • すでに定例化もしくはシリーズ企画などの事業。
  • 助成決定前に実施している事業。
  • 活動が政治、宗教、思想などの目的に偏る団体や事業。
  • 一般助成採択期の翌期を含めた2期(1年間)。
  • 一般助成と継続助成の併願。

助成金

(1)助成金額

    • 半期1,500万円予定 1件(1団体)あたりの上限額200万円(下限額は10万円)。
      ※福祉向上のために極めて効果の大きい場合はこの限りではありません。

※より多くの団体に助成させていただくために審査の結果、申請金額の一部を減額させていただく場合があります。

(2)助成金の交付

  • 令和3年12月1日から令和4年5月31日。
  • 助成が決定したときは、「助成承諾書」、その他必要な書類を提出後、
    銀行振込にて送金いたします。

選考方法

  • 採否については、外部有識者を中心とした選考委員会にて選考いたします。

スケジュール
受付期間 : 令和3年7月1日~令和3年8月31日(消印)
選考期間 : 令和3年9月~10月
採否通知 : 令和3年11月
助成金交付 : 令和3年12月1日~令和4年5月31日

選考のポイント

  • 障害児・者に対する自助・自立を支援する観点から特に有効であると判断されるもの。
  • 障害児・者への福祉事業に従事する方々の環境の改善・向上に役立つもの。
  • 対象となる経費は、助成事業の実施に「直接必要な経費」とし、経常的に発生する管理
    運営費(人件費、賃借料、光熱費ほか)は、対象外。

 選考結果

  • 選考結果については、令和3年11月に申請団体全ての代表者様宛に通知いたします。
    なお、採否の理由等に関するお問い合わせには一切応じられませんので予めご了承ください。

助成決定後について
・助成金贈呈式(助成決定先との懇談会)への出席をお願いします。
・団体名や申請事業名等をホームページに掲載させていただきます。
また、福祉関係誌にも掲載をすることがあります。
・申請事業終了後1ヶ月以内に「完了報告書」と「収支報告書」等を提出していただきます。

申請方法

(1)申請方法

助成金申請書を当財団ホームページよりダウンロードして、次の書類と共に事務局宛、ご郵送ください。

(2)提出書類(必須)

①提出書類チェックシート
②「助成金申請書」(所定の用紙)
③費用の根拠となるもの(見積書 and カタログ or 図面他)
④当年度の事業計画書・活動予算書
⑤所轄庁提出済の直近3年間の事業報告書・活動計算書・貸借対照表・財産目録
⑥団体資料(案内書 or 紹介記事等)
⑦定款 or 会則等
⑧役員 or 構成員 名簿
⑨その他
※全書類1部(コピーでも可)をご送付ください。
※書類はホチキスで留めたり、穴を開けて綴らないでください。
※見積書は2社以上、ご送付ください。(改修工事や機器購入の場合は平面図も添付)
※ご送付いただいた書類などの返却はできません。

(3)申請書 [一般助成用]

「助成金申請書」 はこちらからダウンロードしてください。
▶助成金申請書 [一般助成用202106版](Microsoft Excel)

「助成金申請書 記入例」 を確認して必要事項を記入してください。
▶ 助成金申請書 記入例 [一般助成用202106版](PDF)

「提出書類チェックシート」 はこちらを印刷し、必要事項を記入のうえ、送付してください。
▶ 提出書類チェックシート[一般助成用202106版](PDF)

※申請書の記入について、ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。
※状況により改訂することがありますので最新版をご確認ください。

(4)受付期間

令和3年7月1日~令和3年8月31日(消印)

(5)注意事項

  • 申請は1団体(法人)1件に限ります。
  • 申請書受領後、別途書類の提出や電話または訪問等による問い合わせをさせていただく場合があります。決算書などの情報公開にもご協力ください。
  • 書類に不備があっても連絡いたしませんので「提出書類チェックシート」をよくご確認のうえご送付ください。
  • 他団体へ同一の事業を併願申請している場合で、当財団が先に採択された場合はどちらかをご辞退していただきます。
  • 申請内容に虚偽の記載が判明した場合、助成決定を取消し助成金の返還をしていただきます。

(6)申請書類の送付先

 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町3丁目2番1号 日本橋室町三井タワー15階
公益財団法人 洲崎福祉財団 事務局宛

電話番号 03-6870-2019  ※平日9:30~16:00 (土日・祝日 休み)
ファックス番号 03-6870-2119
※令和2年12月14日にFAX番号を変更いたしました。

Copyright © ボランティア活動センターこくぶんじ All Rights Reserved.